空き家・遊休不動産開発

空き家・遊休不動産開発

「空き家」および「遊休不動産」を利活用して、村の魅力化に取り組んでくれる人材を大募集!

人材募集の背景

岩手県普代村では、ここ数年の移住者の増加傾向、村民の住宅需要の高まりなどを受け、今後「空き家」および「遊休不動産」を利活用することを通じて、普代村をより魅力のあるエリアに変えていきたいという思いを強くしています。

これまでも人口減少対策を目的とした住宅施策の一環として「空き家」の活用は重要視されてきており、空き家の村営住宅化、空き家バンク制度の推進などに取り組んできました。

しかし今後、これまで以上に移住者や関係人口が増えてくることや、村民の住宅需要が高まってくることを想定するほど、「空き家」や「遊休不動産」の活用を今よりも更に推進していきたいという思いが募ります。

空き家は、人口減少や少子高齢化、若者の都市部への流出など、様々な要因で増加していきます。

平成28年度に実施した調査では83件の空き家が確認されましたが、この調査からはすでに6年が経過、村内の空き家は今後もさらに増加してくることを想定しています。

そこで、村の空き家対策をより力強く推進していくため、活用できる物件の掘り起こしや利活用の推進など、空き家問題のために活動したいという方、空き家を活用して新しいことに挑戦したいという方と力を合わせて、この問題に取り組んでいきたいと考えました。

併せて「うねとり山荘」のように村内に点在する「遊休不動産」の利活用についての検討も重ねていきたいと考えています。

どのように活用するのがベストなのか。

投資に見合うリターンは見込めるのか。

村の将来を考えた上で適切な判断をするためにも、専門的な知識を有する方々と共に真剣に向き合い、今後の利活用策を立てていきたいです。

遊休不動産の一つである、うねとり山荘
遊休不動産の一つである、うねとり山荘

主な活動内容

  • 空き家の掘り起こしや現状調査等に関する活動(空き家の状態や所有者の意思確認など)
  • 空き家を活用した起業に関すること
  • 空き家バンクへの登録及び利活用に関すること
  • 空き家の情報提供に関すること
  • 空き家及び移住に関する相談対応(空家の持ち主や購入・移住希望者からなど)
  • 地域住民との交流に関すること
  • 遊休不動産の現状把握
  • 遊休不動産利活用のためのプロジェクト立案〜設計〜推進
  • サステナブル

こんな方に出会えたら嬉しいです!

  • 建築・不動産・設計などの業務経験やスキルをお持ちの方
  • 空き家の修繕などによる価値の創出に関心の高い方
  • 遊休不動産の活用による価値の創出に関心の高い方
  • 地域における重要課題をミッションに活動したいと考えている方
  • 営業、交渉などのコミュニケーションが得意な方

待遇・条件

地域おこし協力隊での採用となります。採用条件、給与など、地域おこし協力隊制度に準じます。そのため任期は最大3年間となります。

給与月額20万円~(経験や経歴によって若干変動)
条件社会保険完備、住居無償提供、車両リースまたは車両手当月額3万円支給、ガソリン代など交通費支給

業務内容と任期後

(想定する業務内容例)

  • 1年目
    まずは村内のあらゆる事情を知る、理解する。教育委員会や普代小中学校などとの関係を構築する。総合学習に利用できる「探求学習」プログラムを企画し開発する。 交流イベントの企画とミニイベントを開催する。「デュアルスクール」制度の導入を企画する。
  • 2年目
    引き続き「探求学習」プログラムを企画し開発する。別途立ち上がる予定の子供向けサードプレイスや小中学校と連携してプレイベントを開催する。交流イベントを開催する。「デュアルスクール」制度の導入を企画する。
  • 3年目
    「探求学習」プログラム事業、交流イベント、始めることで表出する課題の解決に務める。「デュアルスクール」の導入を果たす。
  • 4年目以降
    探求学習」プログラム事業、交流イベント事業、「デュアルスクール」事業を軌道に乗せる。

3年間で、都市部との交流事業の立ち上げを行っていただき、任期終了後は株式会社アースカラーまたはNPO法人地球のしごと大學の社員として活躍していただくことを想定しています。

応募&採用プロセス

01

まずはお気軽にご相談ください。

WEB面談にて当方から自己紹介やご説明をさせていただきます。
あなたのことも教えてください!

お申し込みフォームはこちら

※自己経歴やPRを記入お願いします。
応募フォームの内容や候補者多数など選考進捗によっては
ご面談を見送ることもございます。あらかじめご了承くださいませ。

02

現地見学

普代村にて現場を見学していただき、
地域との相性確認や、スタッフとの面談などを行い、
双方の意志決定に役立てます。

03

正式にエントリー

書類にて応募

04

普代村役場との面談

(地域おこし協力隊制度を利用するため)

05

採用合否決定

※視察交通費補助制度があります。
応募希望者で村内視察を行う際は「おためし移住交通費助成金」制度の活用が可能。
上限3万円~5万円の交通費助成あり。
ただし事前に普代村役場へ申請が必要です。